6月26日

着物買取は反物も対応か

何度か袖を通したものの、様々な事情でもう着る機会がなくなった着物に関しては、着物買取に持ち込むことで処分費を節約できるだけでなく、品物によっては副収入になることもあります。一般的に、着物買取では正絹の着物や帯、小物類などを買取り対象としているところが多く、化繊やウール、木綿といった普段着の着物は買取を拒否されることがあります。一方で、いずれ仕立てるつもりで購入していたり、親などからもらった反物をそのまま仕立てずに保管し続けていた結果、そのままの状態で残っているというケースもあります。反物に関しても、正絹のものであれば買取をして転売している業者がほとんどですので、一度持ち込んでみるとよいでしょう。一度も身につけていないので汗じみやしわなどがついておらず、状態がきれいなものが多いですが、湿度などの関係でカビやシミなどができている可能性もありますので、持ち込む前に一通り状態をチェックしておくことをお勧めします。反物の場合には証紙もついていますので、産地や絹の匁などを簡単に知ることができ、すでに仕立てられているものと比べて、買取業者ごとの査定額にそれほど大きな開きが見られないという特徴もあります。

反物で持ち込まれたものは、着物買取業者はそのまま転売することが多く、購入した先で仕立てられます。保管時期が長いとはいえ、新品の着物が仕上がりますので需要は比較的多いです。中古の反物を購入するのは、個人よりもどちらかといえば業者の方が割合としては多く、コストを抑えた仕立てをして、レンタルなどで利用するというケースも見られます。

着物は普段着としては着用後のケアや着付けなどのハードルが高いですが、レンタルであれば着用後にそのまま返却するだけですし、スタッフが着つけもしてくれますので気軽に楽しむことができます。そのため、デートや女子会、観光など様々なシーンで需要があり、浅草には多くの着物レンタルショップがあります。流行遅れに思える生地も、レトロモダンな柄として需要が高くなっていますし、新品に近い状態で、色柄の種類が豊富なレンタルショップほど客足も増えるため、反物から仕立てるところもたくさんあります。詳しくはこちらよりご確認ください。かなり安い金額で着付けや小道具までついており、気軽に利用する人がたくさんいます。自分が所有している反物を買取り業者に持ち込むと、いずれこういったショップで取り扱われている可能性もあります。

6月23日

アンティークの着物の人気と着物買取り

着物を持つ人と言うのは昔と比べると減少していると言われています。

そもそも着物と言うのは日本の歴史の中では重要な衣類の一つとして重宝されていたものですが、着物を着る事で動きにくい事や着るのに時間がかかるなどの理由からも着物を着る機会と言うのは冠婚葬祭の時のみと言うケースも多く、着物を所有する数も1枚か2枚と言った人が多く、中には1枚も所有していない人も存在しています。

一人で着物を着ることが出来る場合などでは、外出する時などは用事の内容や気分などで着物を着て出かけると言う人もいますが、着物は定期的なメンテナンスを行ってあげないと虫食いの被害を受けてしまうなど手間もかかる衣類でもあるわけです。

尚、要らない着物を買取りしてくれるのが着物買取りのお店で、着物の状態や価値に応じて査定をして貰い、買取りしてくれます。

また、アンティークと言われている古い時代の着物などの場合も買取りが可能になっているケースが多く在りますが、アンティークタイプの着物と言うのはデザインが古い、状態が悪くなっているケースが多いと言った特徴も在りますが、アンティークタイプの着物はそのままで販売されるケースだけではなく、生地として有効活用する事も出来ると言われています。

アンティークタイプの着物は時代が古いため、今の時代に合わないというイメージを持つ人も多いのではないでしょうか。

着物は保管状態により生地に穴が開いてしまったりすることが在りますが、アンティークタイプの着物は着物買取りの中でも人気が高く、高値で買取りをして貰えることも珍しくありません。

因みに、着物は身長が大きな人が売る場合、着る事が出来る人の数が少ないので売れないのではないかとイメージされる人も多いかと思われますが、身長が大きな人が着ていた着物は仕立て直しをすることで身長が大きな人から小柄な人まで幅広い人に販売が出来ると言うメリットが在ります。

そのため、身長が大きいので売れないと言う事はなく、寧ろ着物買取りの中では重宝されると言っても過言では在りません。

アンティークタイプの着物は、虫食いなどで穴が開いてしまう、食事をした時に食べこぼしをしてしまい、シミが付いてしまうと言った場合でも、着物として利用する以外の、生地としてのリサイクルが出来ると言うメリットが在りますし、アンティーク柄はインテリアとしての価値を持つなどの理由からも、状態が悪い場合でも売ることが出来ると言うメリットが在るため、諦める前に査定を依頼するのがお勧めです。

6月20日

着物買取で不安なことは電話で確認するといい

着なくなった着物、和装小物などをどうしたらいいのか迷ったときは、着物買取のお店へ持ち込むといいです。

着物には色々な種類のものがあります。たとえば、有名な産地や人気のある有名作家のもの、ブランドのものなどもあるので、買取のお店へ持ち込むときには鑑定士がいるところを選ぶようにすることが大切です。着物以外にも和装小物である、下駄や帯、扇子、髪飾りなども買取をしてくれるお店もあります。

どんなものを買い取ってくれるのかは、事前にそのお店のサイトなどで確認するといいです。また、電話で直接確認をするというのもいいかもしれないです。電話をするときには、きちんとどんな生地でどんな状態なのか、ということを伝える必要があります。それから、何点あって、どのくらいの年数のものなのかを伝えるようにします。

着物には柄や色、サイズなどがあるのでそのことも伝えるようにするといいです。

後は直接持ち込んでしっかりと査定をしてもらうだけです。

着物買取のお店は、着物の専門の知識をもった鑑定士の方がいるところを探すようにすることが大切です。どんな生地でどのくらいの価格になるのかをきちんと査定できるプロがいるお店を探すことでしっかりとした金額で買い取ってもらうことができます。

着物のサイズはとても大切です。

反物から個人のために仕立ててしまっていると、ほかの人が着ることができない場合もあるので、仕立ててあるとしても縫込みがしてあるものであれば買い取ってもらえる可能性もあります。できればフリーサイズのものであればなおのこといいということです。極端に小さいものや大きすぎるようなものだと、買い手がなかなかつかないので買取を断られる場合もあるということは理解しておくようにします。

自分でわからない場合は、着物買取のお店に電話をして着物の状態を伝えて、持ち込んだらどのくらいの価格になるのかを先に訊いておくのもいいです。電話ではわからないという場合は、やはりそのままの状態で着物をお店へ持ち込むようにします。はさみを入れて仕立ててしまっている場合は買取をしてもらえたとしても小額になってしまうこともあります。

なので、できればフリーサイズのものがいいのです。

それからお店に持ち込むときはその季節にあった柄や色のものを選ぶようにするといいです。

着物は年齢に関係なく、楽しむことができる服装であり、個人によって個性を出すこともできるのが人気です。家族で一緒に楽しんだりと色々なことができます。

こちらよりご確認ください

6月20日

着物買取で不安なことは電話で確認するといい

着なくなった着物、和装小物などをどうしたらいいのか迷ったときは、着物買取のお店へ持ち込むといいです。

着物には色々な種類のものがあります。たとえば、有名な産地や人気のある有名作家のもの、ブランドのものなどもあるので、買取のお店へ持ち込むときには鑑定士がいるところを選ぶようにすることが大切です。着物以外にも和装小物である、下駄や帯、扇子、髪飾りなども買取をしてくれるお店もあります。

どんなものを買い取ってくれるのかは、事前にそのお店のサイトなどで確認するといいです。また、電話で直接確認をするというのもいいかもしれないです。電話をするときには、きちんとどんな生地でどんな状態なのか、ということを伝える必要があります。それから、何点あって、どのくらいの年数のものなのかを伝えるようにします。

着物には柄や色、サイズなどがあるのでそのことも伝えるようにするといいです。

後は直接持ち込んでしっかりと査定をしてもらうだけです。

着物買取のお店は、着物の専門の知識をもった鑑定士の方がいるところを探すようにすることが大切です。どんな生地でどのくらいの価格になるのかをきちんと査定できるプロがいるお店を探すことでしっかりとした金額で買い取ってもらうことができます。

着物のサイズはとても大切です。

反物から個人のために仕立ててしまっていると、ほかの人が着ることができない場合もあるので、仕立ててあるとしても縫込みがしてあるものであれば買い取ってもらえる可能性もあります。できればフリーサイズのものであればなおのこといいということです。極端に小さいものや大きすぎるようなものだと、買い手がなかなかつかないので買取を断られる場合もあるということは理解しておくようにします。

自分でわからない場合は、着物買取のお店に電話をして着物の状態を伝えて、持ち込んだらどのくらいの価格になるのかを先に訊いておくのもいいです。電話ではわからないという場合は、やはりそのままの状態で着物をお店へ持ち込むようにします。はさみを入れて仕立ててしまっている場合は買取をしてもらえたとしても小額になってしまうこともあります。

なので、できればフリーサイズのものがいいのです。

それからお店に持ち込むときはその季節にあった柄や色のものを選ぶようにするといいです。

着物は年齢に関係なく、楽しむことができる服装であり、個人によって個性を出すこともできるのが人気です。家族で一緒に楽しんだりと色々なことができます。

こちらよりご確認ください

6月05日

着物買取とレンタル体験

不要になった着物をそのまま処分するのはもったいないですし、処分費用もかかってしまいます。そのため、金額に関係なく、着物買取に出して引き取ってもらうという人は少なくありません。買取をされた着物は基本的に、そのままの状態で古着として転売されていますが、個人で楽しむために購入するケース以外にも、業者が大量に購入するケースがあります。

業者が購入するケースでは、レンタルや業務に必要な衣装として用いることもありますので、買取に出した着物がレンタルに出されているのを見かける可能性もあります。観光地などでは特に和装体験ができる店舗が多いため、こういった流通経路を持っている買取り業者では様々な着物を取り扱っています。

和装が体験できるレンタル店では、格式の高い着物だけでなく、デートや散歩、観光、女子会などで気軽に着ることができる小紋なども人気ですので、なかなか買い手がつかないことで金額を大幅に下げられたり、引き取りを拒否されがちな普段着の着物でも買取り対象になることがあります。そのため、観光地などレンタル店舗が多い地域の買取業者に一度問い合わせてみて、どういったものを買い取ってくれるのかを聞いてみるとよいでしょう。

一般的な着物買取業者は、正絹の着物であれば引き取るとは言っているものの、格式が高いものでも数千円、作家の作品や伝統工芸品などは数万円程度が相場となっており、小紋などの普段着となると数百円という値段がつけられてしまうこともあります。しかし、レンタル店のように多くの着物を必要としているところでは、普段着や変わった柄の着物を体験してみたいという人も多いため、まとめて持ち込むことで化繊やウールなどの着物も含めて引き取ってもらえることがあります。

実際にレンタルを体験している人の中には、自分では購入できないような色柄の着物を試してみたという意見も多いですので、なかなか引き取り手が見つからないといった着物を所有している人は業者探しをしてみるとよいでしょう。多少古さが感じられる着物や、傷や汚れが見られるものであっても、レンタル品ということであれば比較的大目に見てもらえますし、モダンな柄の着物も人気がありますので重宝されます。実際のレンタル店でどういった着物が利用されているかということについては、こちらのページで写真を掲載していますので、こちらよりご確認ください。家族向けに男性用、子供用の着物も需要があります。

6月02日

着物買取で重要な着物の模様

着物の世界は大変奥が深く、歴史ある希少な着物から人間国宝が製作した大変高価な着物、近年若者に人気のアンティーク・モダンな着物など数え切れないほど存在します。着物買取をする側で重要な事はどんなに古い着物であっても買い手がつくような品物は必ず買取をしてくれます。特に模様には時代や流行、意味が込められている為、大変重要なポイントになります。大昔から日本は生活に密着したモチーフと縁起を絡めて「おめでたい模様」という存在を大切にしてきました。それは着物だけではなく生活のあらゆる小物や雑貨にも柄や絵として描かれ、めでたいものに囲まれて縁起の良い事に恵まれ幸せに暮らしたいという願いも込められていた表れとも言われています。普段着やおしゃれ着用の着物にも同じことが施されていました。また季語のようにそれぞれの季節を表す柄ものも多数あります。着物は年齢や好み・TPOなどを考慮して小物などと組み合わせて楽しむ為、市場には数え切れないほどの模様の着物が流通しています。近年では薔薇などの以前にはなかった模様のジャンルも出始めました。色糸で色柄を表現するものもあれば、染付けや刺繍・糸の光沢や折り目で模様を浮き立たせるなどの様々な着物生地もあります。

模様には年単位で流行に動きがあるといわれていて(個人差があるとも言われていますが)基本的に古い着物(モダン系な着物など)を若い方が好んで着たり、人気がでたりすることは多々あるようです。ですので模様が古いから売れないということはなく、着物買取の対象になる所も多いと言われています。(着物の状態にもよります。)それより着物や模様が古いということよりも現在でも品物として売りに出せるか、心地よく着ることができるかが査定では重要になります。いくら人間国宝の作った着物や若い方が着たがるモダンな柄であっても着物そのものが傷んでボロボロ、もしくはカビやシミだらけでは査定対象から外れてしまいます。いずれ着物買取を考えている場合は事前に大切なケアや保管をしておくことが重要になってきます。

自分で判断できない場合は、例え「買取してもらえそうか」と思うような着物であってもある程度きれいに整え(無理にシミなどの汚れを取るのは傷める原因になるので控えましょう。気になる場合は着物のクリーニング専門店にお願いするようにします。)プロに査定してもらうようにします。査定してもらうと思わぬ結果が出る場合もある為、勝手な判断は危険です。

10月14日

鑑定士の質がとても大事

訪問着買取をしてもらうとき、利用しやすい業者を選ぶ必要があります。業者選びの時にまず参考にしてほしいのが、どんな鑑定士が在籍しているか、ですね。業者に関してはサイトで大体の業者の雰囲気がわかると思いますが、意外と鑑定士を探すのは難しいです。ただ、優良業者と呼ばれるところは、サイトで鑑定士を紹介していることも多いです。業者によっては、紹介していなくても問い合わせをすると教えてくれることもあります。

特に出張買取を依頼するときは、鑑定士がどんな人なのかは気になりますよね。自宅に来てもらって査定するのですから、やはり親切で丁寧な人がいいな、と思うでしょう。そのため、鑑定士に関しては事前に調べたうえで依頼したほうがいいです。

訪問着買い取り.comでは、鑑定士の質がよく、安心して依頼できる業者をまとめてランキングで紹介しています。サイトはこちら、ランキングへどうぞ。ランキングになってはいますが、どこも人気で評判がよく、鑑定士の質もいい業者となっていますので、どこを利用してもいいと思います。後は自分が利用しやすい業者を選べばいいでしょう。

訪問着買取回収業者探しは、まず鑑定士選びから…ということを頭に入れてから、探すようにしましょう。

10月13日

訪問着を売るなら訪問着専門店へ

訪問着を売ってまとまったお金に換えたいなとお考えの方がいらっしゃると思います。でも、訪問着を売るって、読み終わった本を古本屋さんに売るほど、メジャーではありませんよね。本のように買って読んで売って、また買って読んで売って……と繰り返すものでもありません。ですから、訪問着をどう売れば良いかわからないという方も多いと思います。

訪問着は、訪問着買取の専門店へ査定を依頼すると良いでしょう。訪問着買取専門の業者なら、訪問着の価値を見極める目も肥えています。査定の目が肥えているということは、ケチをつけられるわけではなく、評価してくれるポイントが増えるということですから、高額買取をしてもらえる可能性が上がります。また、「今は青い訪問着が流行っているので売りやすい」とか、「テレビで○○という女優さんが着ていたこういう柄が人気だ」とかいった、訪問着のイマドキ事情をよく把握している業者ほど、良い値段をつけてもらいやすいです。

このような良い訪問着買取業者を探すなら、上のリンク先をクリックしてみてください。「訪問着買取口コミ.com|Q&Aサイトをとことん調査!優良業者TOP5」というサイトで、良い訪問着買取業者が紹介されていますよ。

10月10日

思い入れのある訪問着、大事に売りたいなら

古い知人が先日、亡くなったお母様の訪問着を処分したと言っていました。お母様が亡くなってもう何年も経つけれど、お母様の思い出のものだからと処分できずにいた訪問着でしたが、子どもが大きくなってきて家が手狭になってきて引越すことになり、引越し先には訪問着をたくさん置くスペースは取れないから処分したとのことでした。

亡くなったお母様のものを売るというのに最初は抵抗があったけれど、訪問着買取業者に相談してみたら「やっぱり売らない、というのでも良いので一度査定してみませんか」とのことで自宅まで来てくれ、心のこもった対応をしてくれたので、そのまま売ることにしたとのことでした。1点1点丁寧に査定してくれ、訪問着を褒めてくれたので、お母様の訪問着とのお別れ会ができた気分だとのことでした。

私の知人のように、大事にしてきた訪問着を諸事情で手放すのであれば、やはり大事に売りたいですよね。あなたの訪問着を大事に査定・買取してくれる専門業者を探すなら、こちらの「訪問着買取口コミ.net|着物高額査定業者を徹底チェック!人気ランキングTOP5」というサイトを見てみると良いでしょう。口コミが良い業者ばかり紹介されているので、サービス対応も期待できますよ。

9月27日

その訪問着の処分、ちょっと待ってください!

「訪問着が家に眠っている」という方、「タンスを整理していたら、持っていることを忘れていた訪問着が出てきた」という方、「着る予定はないのに親戚のオバチャンが訪問着くれて困っている」なんて方、訪問着を処分しようとしているならちょっと待ってください。訪問着の処分は、どのようにされるおつもりですか?もしそのまま捨てようかと思っているならもったいないですよ。

訪問着の価値というのは、ピンキリです。素材や刺繍、染めなどのもともとの品物の良さはもちろんのこと、袖を通したものであればお手入れをきちんとしてきたかどうかでも変わってきます。良い訪問着を良い保管方法でしまっていたのであれば、思わぬ値段で売ることができるかもしれません。このような着物の価値をきちんと判断してくれるのは、訪問着買取専門業者です。

訪問着買取専門業者をお探しなら、オススメサイトがありますよ。【訪問着買取り.net】全国口コミ徹底調査!優良業者トップ5! というサイトです。こちらのサイトには、査定力に優れた訪問着買取業者、スタッフの方の対応が良い訪問着買取業者、高額買取してくれる訪問着買取業者など、良い訪問着買取業者が紹介されています。訪問着処分なら、まずはこれらの業者に相談してみませんか?